あめつちアナライズ通信【2022年1月】

2022年が始まり1月も後半に差し掛かりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
雪の少ない茨城県でも年明け早々に積雪があり、数年ぶりの分厚さに驚きました。このところ毎年のように暖冬が続いていたので、今年の寒さは余計に厳しく感じます。どなたも暖かくしてお過ごしください。

さて、お知らせの方にも出しましたが、昨年末に浅野太志先生の新刊が3冊発売されました。
私も一部で執筆のご協力をさせていただいたという経緯があるので、この場で内容や見どころをご紹介したいと思います。本当は発売と同時にお便りに載せるはずだったのですが、納期と睨み合っていた緊張感が急に解け、放心したまま1ヶ月ほど過ごしてしまいました。
様々な事情が重なって、かなり過密なスケジュールとなった今回のプロジェクトですが、先生を筆頭に関係者全員が力を尽くし、無事出版となりました。皆さま本当にお疲れ様でございました。今回ご縁をいただいたことに、心から感謝いたします。

■四柱推命人間学

四柱推命での相性の見方と人間関係の整え方についてまとめられた一冊

四柱推命人間学

前半部分は、十干ごとの人との接し方の傾向や他の十干との相性、十二支で見る恋愛面の相性などの解説があり、後半部分には、通変ごとの思考パターンの違いとジネス面での相性の見方、詳しい相性鑑定の実例がまとめられています。

※「四柱推命人間学」では、一部図表の作成を担当させていただきました

基本的には、楽しみながら身近な人との相性を見ることのできる一冊ですが、後半には高度な相性鑑定の方法が載っているため、鑑定師の方にもおすすめです。
人と人との相性に絶対的な良し悪しは無いという前提のもと「相性鑑定は相互理解のためにこそあるべき」という浅野先生のポリシーが一貫して貫かれています。恋愛をはじめ、親子関係や職場の人間関係などで、どうすれば良い関係を築けるかを探る糸口になるはずです。

https://books.rakuten.co.jp/rb/17001908/

■四柱推命の占い方

既に四柱推命の基礎知識がある方に向けて、本格的な鑑定方法がまとめられた一冊

四柱推命の占い方

前半部分は、通変についての詳細な解説と命式のバランスをとる方法が記されており、後半部分は、適職の見方や10年ごとに巡る大運の細かな読み解き方がまとめられています。命式を数値化してレーダーチャートに置き換えるサイトのリンク付きです。

こちらはどちらかというと鑑定師向きの内容となっており、実際に命式を見たときの「なぜ?」「どうして?」「もう少し詳しく!」への答えが具体的にまとめられています。
マニアックな内容ですが、決して大量の知識だけを集約したものではなく、「占いは生き方を決めつけるものではなく、どのような人の未来も可変的」という強いメッセージが詰まっています。四柱推命の専門知識とともに、様々な悩み事に真摯に寄り添うための、知識の正しい使い道を学ぶことのできる一冊です。

https://books.rakuten.co.jp/rb/17001906/?l-id=search-c-item-img-02

■四柱推命の景色

四柱推命を直感的に理解できるよう、命式と五行の関係がイラストでまとめられた一冊

四柱推命の景色

前半部分は、五行と四柱推命の関りの解説と、簡単な性格診断のための六十干支占いが収められています。後半部分は、命式を見える化して分析するために必要な、十干・十二支の知識と五行ごとの通変の知識、命式のタイプ別の五行バランスの取り方がまとめられています。

※「四柱推命の景色」では、第2章の「イラストでわかる六十干支解説」と、第8章3の「内格の場合の処方箋155パターン」で、執筆のご協力をさせていただきました

イラストでわかる六十干支は、四柱推命で扱う60タイプの基本的な性格を「なぜそうなるのか」という核心に触れながら、優しい言葉で解説したものです。四柱推命で自分や周りの人の性格を見たいけれど専門的な知識が無い…という方にも、気軽に楽しく読んでいただける内容です。また、書籍の後半には詳細な知識がまとめられているので、五行主体の本質的な四柱推命を知りたい…という鑑定師の方にもおすすめです。
難しい用語の羅列になりがちな四柱推命に「命式を景色に例えて見える化する」というアプローチで切り込んだ斬新な一冊。「様々な方に四柱推命を活用してもらいたい」という浅野先生の思いが込められ、カラーページが多くレイアウトも横書きとなっています。

https://books.rakuten.co.jp/rb/17001907/?l-id=search-c-item-img-01

3冊分のご紹介は以上となります。どれもボリュームたっぷりで読み応えがあるので、気になるものがありましたら、ぜひお手に取ってご覧ください。ネット通販のほか、大型書店の店頭にも並んでいるとのことでした。

寒い日が続いていますが、最近ちらほら花が咲いているのを見かけるようになりました。立春に向けて徐々に日差しが強くなっていることを感じます。写真は先日見かけたピンク色のお花。梅にしては早いので、木瓜でしょうか??

立春までもう一息。立春を境に干支が切り替わり、いよいよ新しい壬寅年がスタートします。未だ厳しい時勢が続いていますが。心の中には春の光が射しますように。

あめつちアナライズでは四柱推命のメール鑑定を承っております。生まれ持った性格や能力を分析し、お悩みに合わせてそれを活かす方法をご提案いたします。皆さまの「こうなりたい」を尊重し心に寄り添う鑑定がモットーです。

基本鑑定プラン
性格・才能・適職・結婚・独立など

詳しくみる

相性鑑定プラン
性格・価値観・接し方・お互いの役割など

詳しくみる

SNSをフォローする