【図解四柱推命】五行説について

1. 五行説とは

五行説は古代中国でできた自然哲学で、全てのものが「木・火・土・金・水」の5つの要素でできているとする思想です。

五行説では、この5つの要素が互いに強めたり弱めたりして影響を及ぼし合い、それによって万物が変化し循環していくと考えます。
五行説とは「時間軸の中での万物の変化を説明する思想」だと言えます。

従って、木・火・土・金・水は、万物の「5つの基本要素」であるのと同時に、万物の変化の1周期を構成する「5つの基本状態」であるとも捉えられます。

物質的なものから精神的なものまで、あらゆるものに五行が割り当てられます。これは一部に過ぎませんが、具体的な五行の配当は次のようになっています。

2. 五行それぞれの性質

次に、図と写真を使って、木火土金水のそれぞれの性質をより詳しく説明します。
五行はあらゆるものに配当されていますが、今回はそれぞれの五行の中心となる抽象的なキーワードと、自然界の中での象意に的を絞ります。

①木(もく)
···樹木に代表される性質を持つグループ

上に伸びるもの、成長するもの、生命自体も木の五行です。自然界では樹木や草花に相当します。木を加工した木材や紙なども含まれます。

②火(か)
···炎に代表される性質を持つグループ

熱いもの、熱を発するもの、光り輝くもの、激しい勢いのものは火の五行です。自然界では炎や電気、太陽などに相当します。ろうそくの灯やガスの炎、月なども含まれます。

③土(ど)
·
··大地に代表される性質を持つグループ

吸収するもの、蓄積するもの、基盤になるもの 安定しているものはは土の五行です。自然界では大地や山岳に相当します。砂漠の砂や畑なども含まれます。

④金(ごん)
···岩石に代表される性質を持つグループ

固いもの、鋭いものは金の五行です。自然界では岩石や鉱物に相当します。金属やそれを加工してできる刃物類、宝石などの貴金属も含まれます。

⑤水(すい)
···河川に代表される性質を持つグループ

冷たいもの、流動するもの、柔軟なもの、生命を生み育てるものは水の五行です。自然界では海や河川、雨に相当します。霧や雪なども含まれます。

3. 五行と五行の関係

先述した通り、五行はお互いに影響を及ぼし合いながら循環しています。その相互作用には主に「相生」と「相剋」の2つの関係があります。
下の図の実線が相生の関係で、点線が相剋の関係です。

次に、この2つの関係について、①相生、②相剋、として具体的に説明していきます。

①相生(そうしょう)

相生とは、一方の五行がもう一方の行を生じる(力を与える)関係です。生じられた五行は力量が強くなり、逆に生じた五行は力量が弱くなります。
木と火の五行を例に、相生の関係のイメージを下の図に表しました。

生じる側の木の五行は「薪」で、生じられる側の火の五行は「炎」とします。燃料の薪は燃えて段々と小さくなり、炎は益々大きく激しくなります。
これが相生の関係です。

そして、このような相生の関係は、五行の循環のサイクルの中に全部で5種類存在します。
下の図で、それぞれ隣り合う五行が相生の関係に当たります。

・木生火(もくしょうか)
木が燃えて火が起こる
・火生土(かしょうど)
火が燃え尽きて灰になる
・土生金(どしょうきん)
土が固まって岩石ができる
・金生水(きんしょうすい)
岩場から水が湧きだす
・水生木(すいしょうもく)
水が木を育てる

②相剋(そうこく)

相剋とは、一方の五行がもう一方の五行を剋す(攻撃して弱らせる)関係です、剋された五行は当然力量が弱くなりますが、剋した五行も、剋された方ほどではないものの力量は弱まります。
金と木の五行を例に、相剋の関係のイメージを下の図に表しました。

剋す側の金の五行は「ノコギリ」で、剋される側の木の五行は「大木」とします。大木はノコギリで切り倒され致命的なダメージを受け、ノコギリの方も致命的なダメージこそ受けませんが、少し刃こぼれを起こします。
これが相剋の関係です。

そして、このような相剋の関係は、相生の関係と同様に、五行の循環のサイクルの中に全部で5種類存在します。
下の図で、それぞれ2つ隣りの五行が相剋の関係に当たります。

・木剋土(もっこくど)
木が土に根を張り養分を吸い上げる
・火剋金(かこくきん)
火が金属を溶かす
・土剋水(どこくすい)
堤防が水をせき止める
大地が雨を吸収する
・金剋木(きんこくもく)
金属製の刃物で木を切り倒す
・水剋火(すいこくか)
水が火を消す

4. 補足

今回は、四柱推命の要になる五行説についてまとめてみました。
説明が抽象的になってしまい、至らない点が多いのですが、これを通して大自然の盛衰の中で生み出された、五行哲学の悠々とした時間感覚が、イメージとしてより多くの方に伝われば幸いです。

図解四柱推命 干支について

次の記事

【図解四柱推命】干支について