図解と写真で見る二十四節気の穀雨


この記事では、二十四節気の穀雨について「天体の動き」「陰陽五行」「文化と風景」の3つの視点で、図解と写真を使って視覚的にご紹介します。

天体の動きで見る穀雨

地球は自転軸を傾けながら公転しています。このため太陽と地球の位置関係ごとに、地上で感じる日差しの強さや日照時間が変化し、周期的な季節の移ろいが生まれます。二十四節気は、公転軌道を春分を起点に15度づつ区切った点のことで、地球の公転による季節変化を測るための指標となっています。

穀雨は春分から30度公転が進んだ点で、日付は2021年の場合4月20日5時33分(日本標準時)となります。穀雨は立春から続く春の季節の一番最後の節気に当たり、ここから更に15度進むと季節は夏へと変わります。

穀雨の太陽と地球の位置関係

太陽の光が地上に届くと、まず地面が熱せられ、次に地面の熱によって気温が上がります。つまり、陽射しの強さと気温の上がり方にはズレが生じることになり、これが暦の季節と体感的な季節が異なる原因です。二十四節気は太陽と地球の位置関係によって決まるため「熱」ではなく「光」で感じる季節区分となっています。

雨水から穀雨までの間、6度づつ上がっていた東京の平均南中高度は、穀雨-立夏間に68度に達します。これは前の期間に比べて5度の上昇です。陽射し自体は前にも増して強くなりますが、約2か月間続いた南中高度の激しい上昇は勢いが弱まったことになります。「明るくなっていく季節=春」から「明るい季節=夏」への移り変わりが感じられる時期です。

平均気温と平均南中高度のグラフ
節気間の平均南中高度と月間の平均気温の比較(東京)
立春雨水啓蟄春分清明穀雨
40度45度51度57度63度68度
立春から穀雨までの平均南中高度(東京)

陰陽五行で見る穀雨

陰陽五行説は古代中国で生まれた自然哲学で、東洋医学や易・四柱推命などの占いの基礎となっています。「陰陽」と「五行」は万物の成り立ちや変化を説明するための概念で、太陽の動きや季節変化から着想を得たものだと言われています。陰陽五行説では二十四節気の移り変わりが、陰と陽のバランス変化や五行のサイクルで説明されています。

穀雨は1つ前の清明に比べ、更に陽が増して陰が減った状態です。徐々に陽が増していく春の季節の中で、最大限に陽が盛んなころ。春が熟して夏に変わっていく移り変わりの時期となっています。
立春から穀雨までの春の季節は、木の五行が盛んになる期間とされています。木の五行は陰から陽に転じる状態を表し、樹木と共通の性質を持ちます。春は日増しに太陽が高くなり、徐々に気温も上がって止まっていた生命活動が活発になる季節。このことから「上がっていく」「成長する」というキーワードが樹木の性質に繋がります。

陰陽と五行のグラフ
節気ごとの陰陽のバランス変化と季節ごとの五行の変化

文化と風景で見る穀雨

二十四節気を含む古代中国生まれの暦は、その後周辺各国に伝わっていきました。そのため、季節の行事や風習はアジア各地で共通のものが多くあります。ただし、同じ節気であっても各地で気温や降水量が異なるため、季節の草花や食べ物に関しては様々です。

ここでは、二十四節気にまつわる行事や風物詩として、身近な日本のものを中心にご紹介します。

春の雨

穀雨を過ぎると降雨量が多くなり、植物の成長が更に進みます。田畑の準備が整うこの時期の雨は「百穀春雨」と呼ばれます。

藤の花

藤の花

美しい紫色が染め物にも使われる藤の花。比較的暖かい地域ではこの時期が見頃で、寒い地域では暫くしてから順次見ごろが訪れます。

ピンク色の牡丹の花

牡丹の花

あでやかな見た目から百花の王とも呼ばれる牡丹。比較的暖かい地域ではこの時期が見頃で、寒い地域では暫くしてから順次見ごろが訪れます。

茶畑でお茶を摘む二人の女性

八十八夜

八十八夜は立春から数えて88日目に当たる日。この日を境に霜がやむと言われ、民間で農業に活かされていました。八十八夜に積んだお茶を飲むと長生きするという言い伝えもあります。

穀雨

あめつちアナライズでは四柱推命のメール鑑定を承っております。生まれ持った性格や能力を分析し、お悩みに合わせてそれを活かす方法をご提案いたします。皆さまの「こうなりたい」を尊重し心に寄り添う鑑定がモットーです。

基本鑑定プラン
性格・才能・適職・結婚・独立など

詳しくみる

相性鑑定プラン
性格・価値観・接し方・お互いの役割など

詳しくみる